「横浜駅」西口より徒歩5分

〒221-0835
横浜市神奈川区鶴屋町2-26-4
第3安田ビル1F

045-323-6611

横浜市神奈川区の胃腸科、内科、外科、消化器内科、横浜むらきクリニック

経口・経鼻内視鏡検査

スタッフ募集

医院ブログ

メディア紹介

提携医療機関

胃内視鏡検査(経口・経鼻)

胃がんを早期発見いたしましょう。
経験豊富な消化器内視鏡専門医が検査を行います。これまでの口からの内視鏡検査を苦手とされていた方も細めの内視鏡で鼻から挿入することで吐き気が起きにくく、苦しみが和らぎます。検査中の会話も可能です。もちろん経口内視鏡の検査も行っております。経口内視鏡の方がHiVisionの映像なので詳細な観察ができます。鎮静剤を併用しての内視鏡検査も行えます。鎮静剤を使用した当日は自宅での安静が必要です。胃がんの第一の原因ピロリ菌の検査・除菌治療も行います。

胃内視鏡検査(経口・経鼻)の流れ

1.消泡剤を飲みます

まずは胃の泡をとる薬を飲んで頂きます。

2.のどに麻酔をかけます

麻酔薬は鼻もしくは咽頭部のスプレー麻酔です。
経鼻内視鏡検査の方はプリビナという鼻腔の腫脹を軽減して血管を収縮させて出血しにくくする薬を鼻からスプレーして次いでキシロカインという局所麻酔薬を同様に行います。咽頭麻酔を追加して検査を始めます。

3.検査室に移動し、内視鏡を挿入します


ゆっくりと内視鏡を挿入していきます。
鎮静剤の静脈注射を併用することもできます。

4.観察を行います

まず十二指腸乳頭部(胆汁や膵液の出口)まで挿入して十二指腸、胃、食道を観察します。異常の部位を確認しましたら生検鉗子で組織を採ります。

5.検査完了後

検査が終了しましたら結果を説明します。組織検査を行いましたら病理結果が判明するのには8日間かかります。
鎮静剤を使用された方はベッドで1時間程度休んでいただきます。

内視鏡観察例

Page Top