「横浜駅」西口より徒歩5分

〒221-0835
横浜市神奈川区鶴屋町2-26-4
第3安田ビル1F

045-323-6611

横浜市神奈川区の胃腸科、内科、外科、消化器内科、横浜むらきクリニック

医師の紹介

スタッフ募集

医院ブログ

メディア紹介

提携医療機関

ご挨拶

平成26年3月に消化器内科 横浜むらきクリニックを開院いたしました。院長の村木博と申します。
私は昭和33年9月5日に横浜市西区岡野町で生まれまして小学校は平沼小学校、その後神奈川区松ヶ丘に転居しまして松本中学校、横浜翠嵐高校を経て弘前大学医学部に入学しました。

大学卒業後は東京女子医大第二外科に入局しまして一般外科、乳腺外科を習得して日本内視鏡学会専門医、日本外科学会専門医、日本消化器外科学会認定医、日本乳癌学会認定医となっています。

得意分野は内視鏡検査です。今までに2万例以上の上部内視鏡と5,000例以上の大腸内視鏡検査を行ってきました。大腸ポリープ切除術も500例以上行っています。その他に下肢静脈瘤の患者さん350人に外来治療を行って大変喜ばれております。

当院でも上部下部内視鏡検査とポリープ切除術、局所麻酔でできる手術や外傷の治療、下肢静脈瘤の外来治療も行っていきます。日本医師会認定産業医にもなっておりますので地域企業で産業医を探している方はご相談ください。

現在は神奈川区白幡西町に居住しております。趣味は魚釣りと家庭菜園で3坪ほどの小さな場所にきゅうり、なす、大根などを栽培しています。

レントゲン検査、超音波検査、内視鏡検査を駆使しまして迅速で正確な診療を心がけておりますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。
 

【院長】村木 博

診療方針

当院は地域のホームドクターとして皆様の生活のサポートができる医療を提供したいと考えております。
しっかりと患者さんの声に耳を傾け、お困りの症状に対して丁寧に分かりやすく説明することを心掛けております。
診療・検査には無駄が無いように迅速、正確な対応を心がけ、皆様のストレスがなくなるよう努めています。健康の維持に貢献し、安心できる診療を提供させて頂きますので、お困りのことがありましたらお気軽にご相談下さい。

院長略歴

村木 博(ムラキ ヒロシ) 昭和33年9月5日生まれ

学歴

昭和52年3月
神奈川県立横浜翠嵐高校 卒業
昭和59年3月
弘前大学医学部 卒業
昭和59年6月
医師免許取得
平成7年9月
医学博士授与

職歴

昭和59年4月
東京女子医科大学第二外科入局
昭和59年9月
牧港中央病院(沖縄県)派遣
昭和60年9月
東京女子医科大学第二外科 帰局
昭和61年5月
麻田総合病院(香川県) 派遣
昭和62年1月
東京女子医科大学第二外科 帰局
昭和62年5月
立川中央病院 派遣
平成元年5月
東京女子医科大学第二外科 帰局
平成3年5月
大分市医師会立アルメイダ病院 派遣
平成6年5月
秩父市立病院 派遣
平成7年1月
豊岡第一病院(埼玉県) 派遣
平成9年12月
横浜新緑総合病院 勤務
平成17年1月
中村胃腸科内科医院 勤務
平成26年3月
消化器内科 横浜むらきクリニック 開院

資格・認定医など

  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本外科学会専門医
  • 日本消化器外科学会認定医
  • 日本乳癌学会認定医
  • 日本医師会認定産業医
  • 神奈川県立横浜翠嵐高校 校医

スタッフ紹介

スタッフ一同いつでも笑顔を絶やさずに、皆さんのご来院をお待ちしております。
ご不明な点がありましたら、遠慮なくお問い合わせ下さい。

Page Top